カビ取りをしなくて良いようにするには

カビ取りをしなくて良いようにするには

カビ取りをしなくて良いようにするには カビ取りは本当に大変な作業です。テレビなどでは簡単に取れます!などと紹介しているものでも実際使ってみると簡単に取れるものは少ないです。ですから、まずはカビが出来ない環境作りが大事だなと感じています。まずは、お風呂上がりなどにすぐに床を拭いたり、カビが生えやすいゴムの所の水気をきっていくのが大事だなと感じています。また、お風呂上がりすぐに窓を開けて、乾燥させることが大事だと思います。お風呂の暖房がある家庭では、お風呂後にも暖房を付けておくとかなりカビが減少しました。

カビ取りで大変な所がゴムパッキンの場所です。カビ用のスプレーをしても流れ落ちてしまい、なかなかカビが取れなかったりするので、ティッシュなどを使うと良かったです。ゴムパッキンの場所にティッシュをかぶせ、スプレーをするとティッシュで含んだカビ取りが直接作用するので、効き目がありました。十分くらい置くと大分綺麗になりました。少し水垢が付いているかなと思う時にこれをしておくと、かなり清潔にお風呂が保てると思います。また、椅子やシャンプー容器の底なども雑菌がいっぱいでぬめりとかも出てくるので、忘れがちですが掃除しておくとカビ予防になるかなと感じました。

Copyright (C)2014カビ取りをしなくて良いようにするには.All rights reserved.